転職回数の多さ

私は転職回数がかなり多いです。
42歳ですが、今の会社で9社目になります。

職歴はこんな感じです。
1社目 消費者金融  3年
2社目 商社 3年
3社目 クレジットカード 8年
4社目 住宅ローン 4か月
5社目 銀行(住宅ローン部門)派遣社員 1年
6社目 家賃保証 2年
7社目 オートクレジット 4か月
8社目 コールセンター 1年
9社目 健康食品メーカー 在職中

借金で苦しんでいる私ですが、実は・・・
消費者金融やクレジットカード会社に勤務していたんですね!
しかも、担当業務は債権管理ということで支払困難な債務者と電話で交渉したり、直接、集金に行って交渉したりしていました。
自分も借金して大変なくせに債務者達の返済相談に乗っているわけですから笑っちゃいますよね。

ただ、債権管理をやってると返済が滞ったときの知識はつくわけです。
利息だけの返済、任意和解、特定調停、債務整理、破産などですかね。
そして返済が遅れても、このくらいの期日までに支払いすれば信用情報上、問題ないというのも分かるようになります。
そういったこともあって私自身、借金することに対してナメていたんだと思います。
結果、安易に借金して苦しむことになるのですから。

不幸は突然訪れる

職歴を見ていただくと分かると思いますが、3社目のクレジットカード会社が8年と1番長いのが分かると思います。
私もその会社に長く勤めたいと思っていましたが、不幸は突然訪れます。
会社の業績が傾き、急遽、35歳以上の社員を対象に早期退職を募ることになりました。
その時、私は36歳でした・・・。

会社に残るには住んでいる神奈川県から滋賀県に引っ越すことが条件でした。
早期退職を選んだ場合は退職金約300万円と借上げ社宅からの引越費用の負担、そして転職斡旋会社の有料登録費用の負担でした。
また、会社都合による退職なので失業保険もすぐ出ます。
正直、すごく悩みました。

その日の夜、早速、妻に相談したところ、

「滋賀県?辞めたら。」

即答でした・・・。

ということで私は早期退職を選ぶことに。

ただ、それからは転職を繰り返すジョブホッパーになってしまいました。
気が付くと今の会社が9社目です。

いい転職ではなく悪い転職

収入が上がっていけば、例え転職回数が多くても個人的にはいい転職と思っていますが、私の場合はほとんど変わってません・・・。
完全に悪い転職です・・・。

そのためモチベーションも上がらず、短期で転職を繰り返す悪循環に。
そして気が付けば42歳です・・・。

今の仕事にも決して満足してませんが、歳も歳なのでしがみつくしかないかもしれませんね。

もし、過去に戻れるなら3社目の早期退職を選択してしまった日に戻り、その選択は間違えていると過去の自分に伝えてあげたい!
まあ、無理ですが・・・。

誰かの言葉に
「人生とは後悔の連続である」
とありますが、本当にそうだなと思います。


続く